Nextbody / だいふく整骨院 予約優先制です
予約優先制です
アクセス・交通案内

陸上

競技においての怪我について

陸上(走る)で起こりやすい症例と痛めやすい筋肉を中心に説明します。

陸上競技で痛めやすい筋肉

陸上
  • 大腿四頭筋→ももの筋肉
  • ハムストリングス→ももの筋肉
    ※筋挫傷や、肉ばなれなどが発生しやすい。
  • 下腿三頭筋→ふくらはぎの筋肉
    ※筋挫傷や、肉離れなどが発生しやすい。
  • 脊柱起立筋→背中の筋肉
    ※腰痛などにもつながる事があります。疲労骨折することも…。

陸上競技で起こる膝の痛みについて

ランナー膝とは走る事によって起こる膝の痛みです。

  • 腸経靭帯炎
    走る事で起こる膝の屈伸運動、足へのインパクトのある行動で痛みが発生します。
  • シンスプリント
    走りすぎや負荷のかかり過ぎで起こるもので、すねの内側に発生しやすくなります。
    骨の周りの骨膜という部分が炎症を起こすケースが多いのですが、酷くなると骨にひびが入ったり疲労骨折を起こします。
  • 野球肩
    Over use 所謂使いすぎ症候群です。槍なげ、ハンマー投げなどで発生します。
    痛みで肩が挙がらなくなっる事もあるので要注意です。
    選手生命にもかかわる事なので早期対応が大切!!
  • オスグット
    成長期特有なものなのですが、走る事で負担が大きくなり痛みが増幅していく可能性があります。
    骨と靭帯がこすれることで起こりひどくなると歩くだけで痛みが出てしまう事もあります。

スポーツでの身体の痛みを自宅でケアするには?

整体に行く時間がないのでスポーツをしていて痛めた首や足を自分でケアしたい、そんな方へテーピングについてご紹介。
テーピングは痛みの抑制・予防・矯正・補助・パフォーマンス機能向上といった目的で行います。

このページの先頭へ
マイベストプロ大分・健康やカラダに関するコラム更新中!
note
キッズスペース、ベビーベッド完備
整骨院経営・経営コンサル