Nextbody / だいふく整骨院 予約優先制です
予約優先制です
アクセス・交通案内

テニス

テニスでの怪我について

テニスで頻繁に発生する怪我、テニス肘とは

テニス

蓄積による炎症を起こすケースが一般的です。
テニス肘は筋・靭帯と骨のこすれが原因で疲労がたまると起こます。
テニスをしていなくても肘への負担の掛け過ぎで中高年で多いとされています。
しかし、運動を行う成長期の中高生も多く起こります。
痛みが出た上で継続的に使用する場合は、サポーターもしくは、固定をしての使用をお勧めします。
使わずに安静にできれば、早期回復しますが、日常生活でも頻度高く使う部分なので長期を要するケースが多くなります。

テニスでは肉ばなれにも注意が必要です

テニスレッグや股関節痛も起こりやすく痛みの強いものが多いです。
テニスレッグとはふくらはぎの肉ばなれの様な事です。
肉ばなれと言っても症状が様々です。
軽微なものはいいのですが、少しでも内出血が現れてきた場合は、すぐアイシングをおこなって安静にしてください。
早めに、ご相談いただいた方が良いと思います。

股関節は、身体を捻った際に痛みが発生します。
>> 股関節の痛みはこちらも参考にされて下さい。

強く打ち込もうとして体を捻った際に、股関節の筋肉が引っ張られることで痛みが生じたり、足が滑って踏ん張った時に痛みが発生します。

肘の負傷が多いですが、足への負担も多いので注意してください!!

このページの先頭へ
マイベストプロ大分・健康やカラダに関するコラム更新中!
キッズスペース、ベビーベッド完備
整骨院経営・経営コンサル