Nextbody / だいふく整骨院 予約優先制です
予約優先制です
アクセス・交通案内

腱鞘炎

腱鞘炎(ド・ケルバン病院)とは

出産前後の女性(ホルモンバランスの関係もある)や更年期の女性(老化により腱鞘組織が悪くなる)に多くみられます。
仕事での手の使いすぎやスポーツで指や手首を良く使う人にも多いのが特徴です。

陸上
  • 腱:腕の筋肉が手首の上からスジに変わる
  • 鞘:腱を包んでいるもの

主に親指や手首の使いすぎによる腱鞘部分が腫れてたり腱の外側が傷む事で発生します。継続する刺激によって悪循環が生じ完治し難いのが特徴です。

腱鞘炎は腱鞘が腫れることによって狭窄が生じます。
しかし、手の運動を安静にできず継続的に使ってしまうことで競作している部分が擦れてしまい痛みが生じてきます。

フィンケルシュタインテスト

親指を手で握り込み、小指側へ曲げたとき手首(親指側)に痛みが出たら腱鞘炎です。

原則保存的療法を行います。

  • 固定、物理療法、電気療法
    通常は使った際すぐはアイシング(熱を持っているため)時間の経過とともに温めて血行を促します。
    固定:専用のサポーター、テーピング

改善しないときや再発を繰り返す場合は、手術を行われる場合があります。

また、指や手首の使いすぎで神経に障害が起こる事が稀にあり親指~薬指にかけしびれを感じる場合がある為、軽く考えない方が良いでしょう。

早期対応が肝心となります。

腱鞘炎の痛みが楽になるテーピング

手首を使い過ぎて痛くなった!という方へ。
簡単にできるテーピングを使ったケアを動画で紹介しています。

このページの先頭へ
マイベストプロ大分・健康やカラダに関するコラム更新中!
note
キッズスペース、ベビーベッド完備
整骨院経営・経営コンサル