Nextbody / だいふく整骨院 予約優先制です
予約優先制です
アクセス・交通案内

肩関節唇損傷

肩関節唇損傷の主な原因と症状例について

肩関節唇損傷

肩関節関節唇損傷は、肩の関節唇と呼ばれる軟骨組織や結合組織の損傷を指します。この損傷は、肩関節の過度のストレス、反復的な運動、外傷、または肩関節の不安定性、脱臼によって引き起こされることがあります。肩関節関節唇損傷の症状には、肩の痛み、不安定感、肩の動きの制限、強い突っ張り感などが含まれる場合があります。

整骨院では、以下のような対処法や治療を行うことがあります。

  1. 保護固定:損傷箇所を固定して、肩関節を安静に保つこと、安静を保ち悪化を防ぐ事が重要です。整骨院では、サポーターやテーピングなどを使用します。
  2. 炎症減少と鎮痛:炎症を抑えるために、アイシングや温湿、超音波、電気治療などが行われることがあります。これにより、腫れや痛みの軽減が期待されます。
  3. 体操療法:損傷により関節可動域の制限が見られる場合がある為、整骨院では、トレーニング、体操や運動療法を行うことがあります。これにより、肩関節の可動域や筋力を改善し、損傷箇所をサポートする筋肉を強化します。
  4. マニピュレーション:整骨院では、肩関節の正しい可動域に戻すために、マニピュレーション(健康な可動域の7?8割を目指す)と呼ばれる手技療法を行うことがあります。これにより、関節の可動域や機能を改善することが期待されます。
  5. マッサージ施術:整骨院では、筋肉の緊張を緩和し、血液循環を促進するためにマッサージ施術を行います。これにより、痛みや炎症の軽減が期待されます。患部に関連する筋肉を同時にほぐすことで疼痛を軽減したり患部への負担を軽減することが期待できます。
  6. 予防と再発防止:整骨院では、適切な姿勢や筋力トレーニング、適切な動作の指導などを通じて、再発を防ぐための予防策を提案することがあります。

ただし、肩関節唇損傷の状態や程度によっては、手術が必要な場合もあります。整骨院では、症状の評価や適切な診断のために、必要に応じて他の医療機関や専門医への紹介も行うことがあります。

肩関節唇損傷の治療には、個々の症状や状態に合わせたアプローチが必要です。整骨院の専門家と相談し、適切な治療プランを立てることが重要です。

このページの先頭へ
キッズスペース、ベビーベッド完備
整骨院経営・経営コンサル
note
求人情報
電話で予約
LINE予約