Nextbody / だいふく整骨院 予約優先制です
予約優先制です
アクセス・交通案内

バスケットボール

怪我が多くなるスポーツ・バスケットボール

バスケットボール

ブロックやボールキャッチで起こりやすい突き指が中でも最も多いでしょう。
突き指をした時はよく引っ張る人を見ますが、突き指はひぱってはいけません
突き指では、関節を痛めるので、引っ張る事で関節の炎症を刺激してしまい、悪化してしまいます
突き指の際は、即アイシングしてガーゼやめんなどを巻いて固定した方が良いです。

ダッシュや、ジャンプによる怪我やその時に相手と接触することでも怪我が増えてきます。
軽微な捻挫や打撲が多いのですが膝の靭帯断裂や、アキレス腱断裂などの発症の原因にもなってきます。
通常、ジャンプの着地などで起こるのですがバスケットボールでは、そこに相手選手ともつれて起こることが多いようです。
相手の負荷がかかるので通常よりひどくなる可能性があります。
長期になりますが日にち薬だからと思い、諦めてしまうのではなくしっかりケアをして行けば復帰は早くなりますよ。

また、使いすぎでの怪我も発生しやすい競技なので足の違和感には十分な注意が必要でしょう。
ぶつけたり、捻ったわけではないのに足が痛い場合は、早めにケアをして行きましょう。

スポーツでの身体の痛みを自宅でケアするには?

整体に行く時間がないのでスポーツをしていて痛めた首や足を自分でケアしたい、そんな方へテーピングについてご紹介。
テーピングは痛みの抑制・予防・矯正・補助・パフォーマンス機能向上といった目的で行います。

このページの先頭へ
マイベストプロ大分・健康やカラダに関するコラム更新中!
note
キッズスペース、ベビーベッド完備
整骨院経営・経営コンサル