Nextbody / だいふく整骨院 予約優先制です
予約優先制です
アクセス・交通案内

五十肩

肩が痛くて手があがらなくなる四十肩・五十肩

四十肩、五十肩といわれる多くの肩が挙がらない症状、これは、みんながみんな痛いところが同じというわけではありません。
筋肉でいうと三角筋、僧帽筋、棘上筋、意外と見落とされますが大胸筋等々原因も痛みが出るところも変わってきます。
炎症の起こっている筋肉への適切なアプローチが結果いい効果をもたらします。
しかし、むやみやたらと揉んだりしていてもよくはなりませんし、悪化する可能性があります。
治療は一度専門家に診てもらい、適切な指示をもらうことをお勧めします。

肩の痛みを放置していると肩が上がらなくなる可能性も

五十肩

腱板損傷、SLAP損傷、ベネット損傷、野球肩などの、傷病名がついているやつを除くものを指し最近では、肩関節周囲炎と、言われています。
主な原因は加齢や過労といわれており、肩関節の運動制限がおこりその結果、疼痛が発生します。
肩周辺の筋肉が固まるため、フローズンショルダーとも呼ばれています。
手を上にあげた状態のまま作業をすることが多い人にも同様の症状がみられるようになり、症状が継続しておこる場合は、これに当てはまるでしょう。

症状が軽いうちは、肩を動かしたときに痛みが出る程度ですが、ひどくなると、肩が挙がらなくなります。

初期~肩を温めることで症状の緩和を行います。
疼痛や関節拘縮(動きの制限)は12カ月にも及ぶことがあります。

その為、肩周辺の、筋肉をほぐしたり、ストレッチを行っていく必要があります。

このページの先頭へ
マイベストプロ大分・健康やカラダに関するコラム更新中!
キッズスペース、ベビーベッド完備
整骨院経営・経営コンサル